上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日は青学法学部の赤本の英語をやりました?
結果は見事に惨敗・・・記述問題が結構あって正確ではないのですが、
多分4割くらいしかできてない気がします・・・
長文の文章はやたら長くて読んでても全然頭に入らないし、
多分1000?1500語くらいはあったと思います。
でも慶應法はもっと長いのが出題されるんでしたっけ・・・?
青学の英語の問題の特徴の1つがこの長文の長さですね。
あとは会話問題や文法問題や英作ですから、標準の問題でしょうね。

何かあまりできる気がしないので、国語と日本史で稼ぐしかないかも。
でも55?60%くらいが合格の最低割合なので、なんとかなるかな?
長文も会話文もその他の問題も、すごく難しく感じました・・・
これが赤本の魔力なのか?そんなわけありませんね。
明日は国語をやってみて、2006年度分は終わらせます。
今日ちらっと見た感じでは国語はそこまで難しくはなさそう・・・
これで国語も悲惨だったらこの先絶望しかないじゃん!!

(11/2の勉強記録)
DUO3.0 SECTION20
速読英単語 上級編 5?6
青山学院大学法学部の赤本(2006年の英語)
スポンサーサイト

テーマ:高校生日記 - ジャンル:日記



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2006 Everlasting Days☆, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。