上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日は駅まで行って、本屋に赤本を立ち読みしに行きました。
赤本も結構な値段がするので、受験しようか迷っている大学は、
買うのは勿体無いのでどんな問題が出題されているか、
という傾向というか出題の感じを探ってきました。

そして一通り予定していた大学の赤本を見終わると、
「センター試験日本史Bの点数がが面白いほどとれる本」を発見!!
センター用の日本史Bの参考書ってどんなことが書かれているんだろう?
と何気なく見たら、・・・ん!?すごい綺麗にまとめられてる!!
ちら見なのであまりよくは覚えていないのですが、
何か時代ごとに年号順に出来事がさら?っと書かれていたり、
それについての詳しい解説があるというような感じでした。

これは石川日本史の実況中継に匹敵するくらいの良書かもしれません。
これははっきりいってセンター試験どころではなく、
一般で、しかも早慶上智くらいまでいけめのではないか!?
といったような感じでした・・・あなどってはいけませんね(何が?

この「面白いほどとれる本」シリーズは良書が多いみたいです。
この記事を見て気になったあなた、本屋に行ったら1度は探してね?
センター試験独特の問題にも役立つばかりか、
ほとんどの一般入試問題でも通用するような内容でしたよ!!
私も思わず買っちゃおうかと思ってしまったくらいですし。
というこで、今日は新たな発見をした1日でした。

(11/18の勉強記録)
DUO3.0 SECTION25
頻出英文法・語法1000 12(比較)
速読のプラチカ 1(星薬科大学)
スポンサーサイト

テーマ:高校生日記 - ジャンル:日記



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2006 Everlasting Days☆, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。