上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日は1日中暇だったので、久し振りに赤本をやってみました?
慶應の2006年の英語と2005年の日本史です。
大問ごとの結果を載せてみたので、続きでどうぞ見てください。

英語の方は時間がなくて3題目の長文に時間がありませんでした。
でも多分読んでいる感じではそんなに難しくないと思います。
おそらく3題のうち2題はそこまで難しくないはずです。
あとは可もなく不可もなくといったレベルだと思います。
なのでケアレスミスをなくしてもっと練習すれば、
6割くらいはいけると思います!!今日のももっといけたはず・・・
それも含めて実力だとは思うのですが、これからもやるのみです。

日本史は珍しく3題とも難しくありませんでした。
でも2題目の江戸の流通と発展?とかいうのは多少難しかったかな?
河合塾の問題分析でも「やや難」になっていましたし。
淀屋辰五郎を答えさせるあたりを見ても、確かに「やや難」ですね。
1題目は安土桃山?江戸にかけてのキリスト教についてで、
2題目は戦後の民主化?みたいなテーマでした。
戦後はまだ勉強が浅かったのに、思った以上にできました♪

日本史の方は記号を1点、記述を2点にしたらちょうど良かったので、
あくまでも予想ですが72点という結果でしたね?
英語ができない以上8割くらいは本番ではとらないといけないので、
まだまだ実力不足だな?といったところでしょうか。
その分英語をもっと伸ばしていければ良いんですけどね・・・

(12/10の勉強記録)
石川日本史B講義の実況中継3 36?37
日本史B一問一答完全版 ?
慶應義塾大学商学部の赤本(2006年英語、2005年日本史)

スポンサーサイト

テーマ:高校生日記 - ジャンル:日記



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2006 Everlasting Days☆, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。